中小企業のコンサルティングでいい会社作りを支援

中小企業のコンサルティングを通じていい会社になる支援を

2015年2月13日リッツカールトン大阪に宿泊しました。

2015-02-28

経営品質のアドバイザーしていた時代から一度はリッツに宿泊を思っていたので念願がかないました。フロント受付終了後、若いホテルマンにエレベータで39階の一室に案内されました。34階にラウンジがあり、フリーで利用できるとのことでした。一旦部屋に入室した後このラウンジへ行こうとしたらなんとエレベータの当該のボタンの押し方がわかりません。1階に一度戻った後、ホテル従業員にエレベータの利用方法を教えてもらい(なんと部屋と一緒についていたキーをエレベータのキーに入れないと34階に行けない)何とかラウンジでオードブルやビールワインを楽しむことができました。
 当日は寒い夜でおでんを食べたいとラウンジでホテルマンに尋ねたところ、近くのビルの地下に日本酒とおでんが味わえる店があると案内してくれました。しかしこの居酒屋は大衆的でワイワイガヤガヤの居酒屋で一人旅の人の入るような店ではありませんでした。リッツのおもてなしもこの程度かとがっかりして部屋に戻ってお風呂に入りました。
 このお風呂も中々で通常のビジネスホテルと勝手が違い、お湯の出し方やシャワーの出し方が全く分からず数分間奮闘ののちやっと出てきました。これもリッツのもてなしかとがっかり。
1.フロントロビーの写真(マキの暖炉)
frontroby
2.部屋の写真
ritsroom
3.お風呂の写真
ritsbath
3.ラウンジの写真
ritsraouge2
ritsrouge
4.翌日朝のラウンジでの朝食時の写真
mornigself

メールマガジン
セミナー
代表ブログ
よくある質問
お客様事例
問い合わせ

カテゴリー